03:00 2017年08月22日
東京+ 26°C
モスクワ+ 28°C
    チョコレート

    日本学者:高カカオチョコレート、脳を若返す

    © Fotolia/ M.studio
    日本
    短縮 URL
    2147583

    日本学者の新しい研究は、カカオ含有量が70%を超えるチョコレートをよく食べたら、学習能力の高める大脳皮質の量が増加し、脳の「若返り」が可能になると確認。

    日本メディアによると、この研究の対象になった45歳から68歳までのボランティア30人は、4週間連続で25グラムの高カカオチョコレート(カカオ含有量は70%超)を摂取した後でMRI撮影技術を利用した。

    その結果から、4週間連続で高カカオチョコレートを摂取した後、対象者の大脳皮質量の平均値が著しく増加したことが判明した。研究員は大脳皮質量の変化は、脳の「若返り」を表わし、新知識を学習する能力が向上した可能性があると説明した。

    関連:

    学者:19世紀の英国の画家たちは「ナノテクノロジー」を使用していた
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント