00:26 2018年07月18日
安倍首相 トランプ大統領がTPPの重要性を理解することを望む

安倍首相 トランプ大統領がTPPの重要性を理解することを望む

© AFP 2018 / Cabinet Public Relations Office
日本
短縮 URL
2330

日本は、米国のトランプ新大統領が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の重要性を理解することを望んでいる。安倍首相が明らかにした。

安倍首相はまた、日本側はTPPに関する話し合いが継続されることに期待していると指摘した。

さらに安倍首相は、トランプ大統領との早期会談を望んでいるとし、貿易分野における米新政権の政策はまだ明らかではないが、米国側と様々なレベルで協議を行う方針だと指摘した。

また安倍首相は11月に行われたトランプ氏との会談について触れ、現在もトランプ氏に対する信頼に変わりはないと指摘した。

伝えられたところによると、日本政府は「二方向的」な対露政策を行なう。共同通信が外交筋からの情報として報じた。「二方向的」な政策の本質とは、ロシアとの経済協力の実案を検討しつつも、同時にG7の立場には対抗せずに、発動された対露制裁を維持し続けるというもの。

日本のマスコミ各社は、専門家らの間からはこうした日本の二重性はEUや米国だけでなくロシアにも受け入れられないとする見解が挙げられていると報じた。これらのプレーヤーの全員が日本政権に対して外交政策、経済路線をはっきり定めるよう求めてくるだろう。

関連:

中国はTPPで米国の代わりとなることができるか?
TPPの意図は国際貿易ルールの密かな書き換え、ロシア外務省
タグ
TPP, ドナルド・トランプ, 安倍晋三, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント