20:05 2017年03月26日
東京+ 7°C
モスクワ+ 5°C
    福島第1原発2号機圧力容器真下の足場に2メートルの穴

    福島第1原発2号機圧力容器真下の足場に2メートルの穴

    © AP Photo/ David Guttenfelder
    日本
    短縮 URL
    067348

    東京電力が福島第1原発2号機で実施したカメラ調査の映像を解析した結果、圧力容器真下の足場に直径約2メートルの大きな穴があることが2日、分かった。溶融した核燃料で溶けた可能性がある。共同通信が報じた。

    東電は1月30日、2号機の格納容器内部のカメラ調査の画像を公開。この映像で鉄製の格子状の足場にデブリとみられる堆積物がこびりつき、足場の一部がなくなっている状況が判明した。

    その後の詳しい画像分析で奥の部分で足場に直径2メートル程度の穴が開いていることが分かったという。東電は今後、圧力容器の真下のスペースにロボットによる詳細な調査を予定しているものの、穴の発見で走行経路の見直しが求められる可能性もでてきた。

    タグ
    福島, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント