00:46 2018年05月27日
東京+ 19°C
モスクワ+ 20°C
    LIXIL社長 放射能に関する不適切なジョークを謝罪

    LIXIL社長 放射能に関する不適切なジョークを謝罪

    © AFP 2018 / HO / AIR PHOTO SERVICE
    日本
    短縮 URL
    337

    住宅設備メーカーLIXIL(リクシル)の瀬戸欣哉社長は15日、環境省で山本公一環境相と意見交換した際、瀬戸氏の体格の大きさが話題になり「放射能の影響で大きくなりました」と返答した。記者が意図を尋ねると「冗談だった。不適切な発言だった」と謝罪した。共同通信が報じた。

    環境省は東京電力福島第1原発事故に伴う除染や指定廃棄物対策を所管している。山本氏は瀬戸氏の発言に対する記者の質問に「気が付かなかった」と回答。瀬戸氏は「(スポーツをしていた時代に比べ)体重が増えたことの言い訳だった」と釈明した。意見交換は地球温暖化対策がテーマだった。

    瀬戸氏の発言を受け、15日。福島県の内堀雅雄知事は記者会見で「放射能の問題について、誤解や偏見がないようにすることが大切だ」と苦言を呈した。

    瀬戸氏の発言自体について知事は「どのような発言か知らないので、直接的なコメントは控える」と述べる一方で「福島県は農産物や観光などいろいろな場面で、いわれのない誤解や偏見により非常に苦しい思いをしている」と指摘した。

    また内堀知事は、自身が、放射能の正しい知識を持ってもらえるよう、国内外で情報発信を続けていることに触れ「ぱっと結果が出るものではないので、地道に取り組んでいかないといけない」と述べた。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント