02:01 2018年09月24日
м

日本 米軍機の騒音に対し沖縄の住民に約300億円支払いへ

© AFP 2018 / Toru Yamanaka
日本
短縮 URL
1113

米軍嘉手納基地の騒音訴訟で、那覇地方裁判所沖縄支部は国に対し300億円余りの賠償判決を 言い渡した。NHKが報じた。

日米首脳電話会談 シリア情勢を協議
© AFP 2018 / Brendan Smialowski
NHKによると、米軍嘉手納基地周辺の住民およそ2万2000人が、米軍機の騒音で健康や日常生活に大きな被害を受けているとして、国に夜間・早朝の飛行の差し止めや賠償などを求める裁判を起こした。

2016年12月には沖縄の高等裁判所が、米軍普天間基地の騒音に対して国に賠償を命じる地方裁判所の同様の決定を支持した。

先の報道では、在日米海兵隊を統括する第3海兵遠征軍は8日、岩国基地(山口県岩国市)に配備されたF-35ステルス機能戦闘機が今週、沖縄周辺で初めての訓練を始めたと発表した。

タグ
日米関係, 米国, 沖縄, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント