04:20 2019年12月16日
護衛艦「いずも」

海自最大の護衛艦「いずも」を南シナ海に派遣へ

© 写真 : Dragoner JP
日本
短縮 URL
41616
でフォローする

海上自衛隊は今年5月、日本最大の最新鋭ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を南シナ海に派遣する。日米印の共同訓練「マラバール」参加などが目的。ロイターが自衛隊の複数の関係者の情報を基に報じた。

スプートニク日本

ロイターは関係者の次の発言を引用した。

「我々の目的は、長期任務に送ることで『いずも』の能力をテストすることだ。南シナ海で米海軍と訓練を行う。」

また、いずもは航海中、インドネシア、シンガポール、フィリピンの港に数回寄港する予定だという。日本への帰港は8月となる。

基準排水量約1万9500トンである、海自最大の護衛艦「いずも」が就役したのは2015年。

これより前に伝えられたところでは、日本は敵基地攻撃能力保有を検討する可能性を排除しなかった。

タグ
自衛隊, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント