00:25 2018年10月23日
日米、対北朝鮮圧力強化へ

日米、対北朝鮮圧力強化へ

© AP Photo / Manuel Balce Ceneta
日本
短縮 URL
2613

岸田文雄外相は16日、ティラーソン米国務長官と東京都内で会談した。弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対し、日米が連携対処し、圧力を強化する方針を申し合わせる。岸田氏は日米同盟に基づく安全保障協力を推進するため、自衛隊が積極的に役割を果たす考えを伝える構えだ。共同通信が報じた。

スプートニク日本

岸田氏は会談冒頭、トランプ米政権の国務長官が最初のアジア訪問国として日本を選んだことを歓迎。ティラーソン氏は「北朝鮮の核・ミサイル問題対応で2国間や米日韓の協力強化は非常に大事だ」と強調した。

会談で両外相は、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮が、攻撃の能力と意図を持った「新たな段階の脅威」になったとの認識を共有。日米韓が足並みをそろえ、北朝鮮に挑発行動の自制を求めることを確認する。中国に影響力行使を求める方針でも一致するとみられる。

防衛協力の具体化に向け外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を早期に開催することを確認。具体的な日程についても協議する。

ティラーソン氏は岸田氏との会談後に共同記者会見に臨み、安倍晋三首相とも会談。17日に次の訪問国韓国へ出発する。

タグ
日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント