00:27 2018年07月18日

安倍首相、19日欧州歴訪へ出発 自由貿易推進で日独連携を

© REUTERS / Kham
日本
短縮 URL
0 415

安倍晋三首相は19日午後、欧州歴訪の最初の訪問地ドイツに向かうため、政府専用機で羽田空港を出発する。ドイツとフランス、イタリアでそれぞれ首脳会談を予定。5月下旬にイタリア・シチリアで開かれる主要国首脳会議(サミット)を見据え、自由貿易推進の立場から連携を図る。核・ミサイル開発を強行する北朝鮮問題では圧力強化で一致したい考えだ。

中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題も取り上げ、北朝鮮問題とともにサミットの主要議題にするよう求める。共同通信が報じた。

首相のドイツ訪問は昨年5月以来で4年連続。メルケル首相との会談では、世界経済や安全保障を巡る認識を共有し、サミットの議論をリードしたい意向だ。メルケル氏はトランプ米大統領と会談した直後で、日米欧の連携の在り方を巡り意見を交わすとみられる。

フランスでは、5月に退任するオランド大統領と、在任中に強化した日仏関係を再確認する。初会談となるイタリアのジェンティローニ首相とは信頼関係構築を重視。サミット成功に向け協力を申し合わせる。

ベルギー・ブリュッセルでは欧州連合(EU)のトゥスク大統領らと会談し、日EU経済連携協定(EPA)締結交渉の早期妥結を確認する。22日に帰国する。

タグ
安倍晋三, EU, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント