21:50 2017年09月26日
東京+ 25°C
モスクワ+ 12°C
    テロ等準備罪法案、今国会で成立なるか?

    テロ等準備罪法案、今国会で成立なるか?

    © AP Photo/ Shuji Kajiyama
    日本
    短縮 URL
    4297319

    日本政府は21日、「テロ等準備罪」を新設する法案を閣議決定した。「共謀罪」の構成要件を改めたもので、今国会の成立を目指している。NHKが報じた。

    スプートニク日本

    NHKによると、「法案では、一定の犯罪の実行を目的とする『テロリズム集団その他の組織的犯罪集団』が団体の活動として、重大な犯罪の実行を計画し、計画したうちの誰かが、資金または物品の手配、関係場所の下見など、犯罪を実行するための準備行為を行った場合などに、計画に合意した全員を処罰するとしている」という。

    また伝えられたところによると、対象となるのは277の犯罪、罰則は、死刑や10年を超える懲役、禁錮にあたる犯罪を計画、準備行為を行った場合には5年以下の懲役か禁錮となる。

    菅官房長官は閣議後の記者会見で、「分かりやすく丁寧に説明を尽くし、1日も早い法案の成立を目指したい」と述べ、岸田外相は2020年東京五輪などを控え、テロなどの組織犯罪と闘うことは「わが国にとって重要なことだ」と語った。

    一方で野党・民進党の山井国会対策委員長は、閣議決定を強行したことは非常に残念だとし、「これまで3度廃案になった『共謀罪』と本質的には変わっておらず、日本が一億総監視社会になるかもしれないという大きなリスクをはらんでいる。この国会での成立を阻止するために闘っていく」と述べた。

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント