13:06 2017年04月26日
東京+ 18°C
モスクワ+ 7°C
    安倍晋三首相

    北朝鮮がサリン弾保有の可能性と安倍首相

    © Sputnik/ Sergey Guneev
    日本
    短縮 URL
    62635733

    安倍晋三首相は13日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮について「サリンを弾頭に付けて着弾させる能力を既に保有している可能性がある」と述べた。猛毒サリンが使われたとみられるシリアの惨状を踏まえ、北朝鮮への抑止力を強化する必要性を訴えた。国際社会の批判を無視して北朝鮮が核・ミサイル開発を進めていることに触れ「北朝鮮の行動を改めさせる必要がある。圧力をかけていかなければ、彼らは対応を変えていかない」と語った。共同通信が報じた。

    スプートニク日本

    米国が原子力空母を朝鮮半島付近に派遣したことを念頭に、核・ミサイル開発を阻止するためには、強硬な対応が必要との認識を示した形だ。同時に「今のまま国際社会に挑戦を続けていけば、未来がないと北朝鮮に理解させないといけない」と強調した。

    日米韓の3カ国連携に加え、北朝鮮に影響力を持つ中国との協力を図る方針を表明。北朝鮮に政策転換を促すため「国際社会がしっかり団結し、義務と責任を果たさなければならない」と指摘した。日本人拉致問題解決のため、圧力をかけながらも対話の機会を探る考えも示した。

    韓国国防省によると、北朝鮮は、サリンや猛毒の神経剤VXを含む化学兵器を2500~5千トン程度保有しているとされる。

    タグ
    ミサイル, 武器・兵器, 日本, 北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント