06:09 2017年04月25日
東京+ 12°C
モスクワ+ 3°C
    両国の歴史に思い寄せ マレーシア訪問の皇太子さま、17日に帰国

    両国の歴史に思い寄せ マレーシア訪問の皇太子さま、17日に帰国 【動画・写真】

    © AFP 2017/ Jewel Samad
    日本
    短縮 URL
    0 27331

    マレーシアを13日から訪問中の皇太子さまは16日、首都クアラルンプールで、予定の行事を全てこなし、17日に帰国される。

    スプートニク日本

    共同通信によると、今回の訪問では、太平洋戦争中に広島に留学し、原爆投下の被害に遭った故アブドル・ラザクさんの長男ズルキフリさん(65)と懇談。ラザクさんの被爆を「お気の毒に思います」と慰めるなど、両国の歴史に思いを寄せる旅となり、若い世代の交流にも期待を寄せた。

    皇太子さまは16日、同行記者団に訪問を振り返り「将来、日本とマレーシアの交流の懸け橋になりたい、という思いを持った方々に接し、うれしく思った」と強調。「国際情勢は非常に難しいことに直面しているが、(多民族国家の)マレーシアの寛容性は参考になると感じた」とも加えた。具体的な国際情勢には触れなかった。

    16日は、現地の高校生による日本語弁論大会に出席し、入賞者と歓談された。宿舎のホテルでは日系人とも交流。夜には王宮で国王ムハマド5世を表敬し、晩さん会に出席した。

    15日に訪れたマラヤ大では「若い人々が互いの交流を通じてともに学び合い、相互理解を一層深め、協力していくことを強く期待する」とあいさつした。弁論大会でも、優勝した生徒を「素晴らしかったです」と励ました。

    ライフワークとする水問題の研究の一環として、渋滞解消と洪水防止を兼ねた施設を視察し、日本人学校などで在留邦人と交流する機会もあった。

    晩さん会でのあいさつは、国王がスピーチをしないため、取りやめになった。

    マレーシアのナジブ首相は自分のツイッターとフェイスブックで、同国を公式訪問中の皇太子さまとのセルフィー写真を公開した。

    タグ
    皇太子さま, マレーシア, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント