02:37 2020年10月31日
日本
短縮 URL
2320
でフォローする

日本政府は学校教材に使われたヒトラーの著書『わが闘争』からの引用は適切との見方を表した。萩生田官房副長官は東京で行われた記者会見でこうした声明を表した。

スプートニク日本

萩生田官房副長官は同時に、人種差別を助長させる形で使用するのであれば、教育基本法などの趣旨に合致せず、不適切であることは明らかと指摘している。

萩生田官房副長官のこの声明は、先に日本政府が表した『わが闘争』の使用が学校教材として適切かを問う質問主意書への回答にコメントするかたちで表されたもの。日本政府は『わが闘争』の引用の教材での使用はこれが有益適切なものであるかぎり教育基本法の趣旨に従っていると回答していた。

ヒトラーは1924年に『我が闘争』を執筆した。ヒトラーは書籍の中で国家社会主義思想を述べた。初版が世に出たのは1925年、その8年後、ヒトラーが政権を握った後には読むことが義務付けられ、ドイツで最も発行部数の多い書籍となった。

これより前、ヒトラーの死因の新説が発表された

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント