09:43 2018年05月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 11°C
    集中会談の一年:ロシアと日本は果たして平和条約締結から遠ざかったのか?

    日本 ロシアと二重課税回避のための新条約締結に向けて合意

    © 写真 : Host photo agency
    日本
    短縮 URL
    161

    日本政府はロシアとの間に租税に関する二重課税回避のための新たな条約を結ぶことで合意した。日本外務省が公式声明を表した。

    スプートニク日本

    安倍首相のモスクワ訪問
    © Sputnik / Sergey Guneev
    新たな条約はソ連時代の1986年に署名された租税条約に変わるものとなる。

    外務省の声明には「新条約は,両国における課税範囲の明確化,国際的な二重課税の除去,脱税及び租税回避の防止等のための規定を拡充・導入するものであり,これにより,両国間の投資・経済交流が一層促進されることが期待されます」と書かれている。

    日本外務省によれば、新条約は必要な手続きを経た後署名され、両国議会の批准を経て発効する。

    先の報道では、28日、ウラジオストクと大阪間に直行の定期便が運航を開始した

    タグ
    露日経済協力, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント