18:11 2018年02月22日
東京+ 3°C
モスクワ-13°C
    日本のデザイナーが「理想的な」ポルシェを作る【写真】

    日本のデザイナーが「理想的な」ポルシェを作る【写真】

    © AFP 2018/ ERIC PIERMONT
    日本
    短縮 URL
    141

    日本でポルシェ911型の限定版のサンプルがお披露目された。このスポーツカーを元に、ポルシェのマシーンチューニングを専門とする中井啓氏が作業をした。

    スプートニク日本

    中井氏は1997年に、ポルシェのチューニングメーカー、RAUH-Welt BEGRIFF(ラフ・ヴェルト・べグリッフ)社を創業。

    964のボディの限定版ポルシェ911は現在、アトランタにある。チューニングのため、中井氏は特別に、必要なバランスをとる部品を作った。ワイドホイールを覆うため、中井氏は特別なアーチを設計。さらに、ボディと調査するようスポイラーを制限した。

    このような車がレース参加に適することはないだろうと指摘するものもいるが、デザインにおいてこの車が今日人気の他のスポーツカーに劣ることはない。

    ​先の報道によると、モスクワで毎年恒例の「ロシア・カーオブザイヤー」賞の授与式が行われた。

    タグ
    テクノ, 米国, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント