12:33 2017年05月30日
東京+ 25°C
モスクワ+ 12°C
    米原子力空母「ロナルド・レーガン」が横須賀帰港 「カール・ビンソン」と交代も可能

    米原子力空母「ロナルド・レーガン」が横須賀帰港 「カール・ビンソン」と交代も可能

    © AP Photo/ Eugene Hoshiko
    日本
    短縮 URL
    0 373484

    横須賀市は12日、米海軍横須賀基地に配備されている原子力空母「ロナルド・レーガン」が試験航海の終了後、同基地に帰港したと明らかにした。

    スプートニク日本

    共同通信によると、試験航海で問題がなければ、周辺海域での警戒任務などに当たるため、近く長期航海に出るという。

    米国の別の原子力空母「カール・ビンソン」は米韓の2ヶ月間に及ぶ大規模な合同軍事訓練を終えて、日本海に派遣している。「ロナルド・レーガン」が「カール・ビンソン」と交代する可能性もあり、空母の動きに注目が集まるという。

    タグ
    米国, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント