04:07 2017年05月30日
東京+ 18°C
モスクワ+ 15°C
    女性

    日本 性行為不足で人口統計崩壊との警告

    © Flickr/ MOTOKI Plasticboystudio
    日本
    短縮 URL
    4119061516

    出生率低下のため、2065年までには日本の人口が4000万人減少する可能性がある。日本の国立社会保障・人口問題研究所が発表した。

    スプートニク日本

    2016年の日本の出生数は1899年の統計開始以降で初めて100万人を割った。同研究所は、このままのテンポでは、2015年国勢調査時の約1億2700万人から、2065年に約8800万に減少、つまり、3分の1減少するとの見通しを立てた。

    さらに同研究所が昨年発表した調査によると、回答者の未婚男性70%、未婚女性60%が交際相手がいないと回答。

    人口減少の理由の中には、若年層の結婚意欲ないし可能性の衰えと、移民の消極的な受け入れがある。

    一方、活発な性生活への意欲低下は世界的なもの。現代社会は性を尊重するリベラルなエポックを迎えており、携帯電話には出会いアプリまで登場しているというのに、セックスの回数のほうはますます減少の一途をたどっている。

    3月、米国の国際性調査アカデミーは2010年から今までに米国民のセックスの頻度は平均で9分の1に減ったというショッキングな調査結果を発表した。こうした恐ろしい傾向が見られるのは米国に限られた話ではない。

    米国の研究者が挙げる、性的活発度の低下の主な理由は次の記事で公開された

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント