07:17 2018年09月19日
日本

茨城の原子力機構の燃料研究棟で作業員に放射性物質が付着

日本
短縮 URL
2211

6日午前11時15分ごろ、茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構の燃料研究棟で、作業員5人に放射性物質が付着した。共同通信が、原子力規制庁の情報を引用して報じた。

スプートニク日本

作業員5人の手と足に放射性物質が付着したという。被ばくの程度は不明。外部への影響はないという。

なお、放射性物質が付着した作業員5人にけがはないと伝えられている。

同庁や機構は、作業員らが保管中の核物質の点検をしている際に容器が破損したと発表した。

燃料研究棟は廃止が決まっており、現在は研究で使った核物質などの管理が行われている。

タグ
原子力, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント