00:49 2017年10月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 3°C
    日本政府、国連特別報告者らの見解に反論

    日本政府、国連特別報告者らの見解に反論

    © Flickr/ Thilo Hilberer
    日本
    短縮 URL
    3784719

    日本政府は、テロ等準備罪や秘密保護法などに関する政府の方針が国連の特別報告者らに批判されたのを受け、相次いで反論した。毎日新聞が報じた。

    スプートニク日本

    毎日新聞によると、5月18日、国連のケナタッチ特別報告者が「共謀罪」法案について「表現の自由を不当に制約する恐れがある」と懸念する書簡を公表し、日本政府は「直接説明する機会もなく一方的に発出した」と抗議、特定秘密保護法について5月30日にデービッド・ケイ特別報告者が「ジャーナリストを萎縮させないよう法改正すべきだ」などと勧告する報告書を公表した後には、「不正確な内容だ」と反論したという。

    毎日新聞は特別報告者について、「国連から独立した立場で、報告書は国連の総意を反映したものではない」と指摘し、「政府が反論に腐心するのは、国際社会に誤解が広がることを懸念しているためだ」と報じている。

    なお日本政府のこうした姿勢を、野党は批判しているという。

    先の報道によると、日本の安倍首相は、つい最近まで、中国の広域経済圏構想「一帯一路」に対し、中国の経済覇権につながるとして慎重な姿勢を取ってきたが、先日思いもかけず「協力をしていきたいと考える」と発言した。

    タグ
    国連, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント