14:09 2018年09月21日
クリル諸島での初の空路墓参、19日に順延 天候不良で

クリル諸島での初の空路墓参、19日に順延 天候不良で

© Sputnik / Sergey Krasnouhov
日本
短縮 URL
111

外務省は18日、同日予定していた航空機による南クリル諸島への元島民らの墓参を、天候不良のため19日に順延すると発表した。

スプートニク日本

共同通信によると、初めての空路墓参で、国後、択捉両島に向けて北海道・中標津空港を出発することになっていた。船による従来の墓参と比べ、移動時間を短縮し、日帰り往復になる。

18日に中標津空港で北海道と南クリル諸島を結ぶ初便の開設式が行われた。中標津空港で待機していた訪問団70人のうち、元島民と家族は計35人。

南クリル諸島と日本との間のビザなし交流は以前は海上交通によって行われてきたものの、今年4月に安倍首相がモスクワを訪問した際に、南クリル諸島の元島民のために航空便の開設の合意が成立していた。

タグ
ビザ・査証, 露日関係, 領土問題, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント