09:44 2018年09月24日
水中ロボで格納容器内調査 福島第1原発

水中ロボで格納容器内調査 福島第1原発

© AFP 2018 / JIJI PRESS
日本
短縮 URL
111

東京電力は19日、福島第1原発3号機の原子炉格納容器内にたまった汚染水の中を、水中ロボットで調査した。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

第1原発1~3号機では事故で溶け落ちた核燃料(デブリ)があるとみられるが、いずれもデブリの具体的な位置や形状などは分かっていない。3号機は他に比べ格納容器内の水位が高いため、水中を泳ぐカメラ付きロボットを投入して初となるデブリの直接確認を目指す。

今回の調査を踏まえ、21日にはデブリがあるとみられる格納容器の底までロボットを潜らせる。

タグ
福島, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント