16:21 2019年12月14日
稲田防衛相

稲田防衛相 南スーダン日報隠蔽を改めて否定 首相の罷免はなし

© AP Photo / Shuji Kajiyama
日本
短縮 URL
1210
でフォローする

稲田防衛相は24日の衆議院予算委員会で南スーダン国連平和維持活動部隊の日報隠蔽問題に関し、隠蔽を了承した事実はないとしてこれを否定した。共同通信が報じた。

スプートニク日本

稲田防衛相は日報を公表すべき立場は一貫しているとし、非公表の了承はないと否定している。

安倍首相もこの問題に関して稲田防衛相の罷免を求める野党に「引き続き徹底的に調査を行い、改めるべき点があれば徹底的に改善し、再発防止を図ることで責任を果たしてもらいたい」と述べ、罷免を否定した。

民進党の大串博志政調会長は、来月3日にも実施される内閣改造に触れ「稲田氏を改造まで引っ張り、何事もなかったかのように交代させ、(問題に)ふたをすることがあってはならない。即刻罷免すべきだ」と強調している。

稲田防衛相は先月末の都知事選挙の応援演説で防衛省・自衛隊、防衛相」として支援を乞う失言を行い、野党に即刻辞任を求められている。その後、安倍首相は8月3日に内閣改造を行うことを宣言し、稲田氏の交代の方針が示されていた。

 

タグ
稲田朋美防衛相, 稲田朋美, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント