16:57 2017年10月23日
東京+ 21°C
モスクワ+ 1°C
    普天間飛行場の約4ヘクタール返還

    普天間飛行場の約4ヘクタール返還

    © AP Photo/ Junji Kurokawa
    日本
    短縮 URL
    0 18220

    31日、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の一部約4ヘクタールが、先行返還された。返還されたのは普天間飛行場の東沿い約2キロの細長い区域で、全481ヘクタールのうちの約0・8%。共同通信が報じた。

    スプートニク日本

    共同通信によると、日米両政府は1996年に移設実現を条件に、普天間飛行場の全面返還で合意。菅官房長官と当時のケネディ駐日米大使が15年12月、17年度中の約4ヘクタール先行返還を発表した。

    宜野湾市は返還区域を市道として整備し、防衛省沖縄防衛局は、約2年間で土壌汚染の状況や廃棄物の調査、除去を行うという。

    31日、菅官房長官は記者会見で、返還に伴い市道が整備される点に触れ「長年の要望だった。地域の生活環境が大きく改善される」と強調し、普天間の全面返還に向け「国と沖縄県が(高裁支部での)和解の趣旨に従い、互いに努力することが大事だ」と述べ、辺野古移設を進める考えを重ねて示した。

    なお県幹部は、先行返還について一定の評価をする一方、「全体のごく一部にすぎず、全面返還と早期の運用停止が喫緊の課題だ。負担増加につながる辺野古移設は絶対に認められない」と話した。共同通信が報じた。

    タグ
    沖縄, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント