09:18 2017年10月24日
東京+ 14°C
モスクワ-1°C
    日本の公明党の山口代表

    公民・山口代表 憲法改正は「与野党なしの国会で議論を」

    © REUTERS/ Thomas Peter
    日本
    短縮 URL
    123115

    日本の公明党の山口代表は広島市で記者会見し、憲法改正について国民の幅広い合意形成のために、与野党なしに国会で審議する必要があるとの考えを示した。NHKが報じた。

    スプートニク日本

    山口代表は憲法「改正のテーマや内容について、まだ憲法審査会で議論が十分深まっていない。成熟した国民の合意形成が確かめられて、改正するべきであり、今は、まだそういう状況にはない」と述べた。

    そのうえで山口氏は、与党だけで改正案を取りまとめる協議を進めることに否定的な考えを示し、「与党というのは、内閣を支えるための枠組みであり、国会で議論をするという土俵を考えると、与党という枠組みはあまり意味がない。与党も野党もなく、それぞれの政党が議論を深めて合意を形成していく」との見方を示した。

    また山口氏は、自衛隊による「敵基地攻撃能力」について「わが国は、国際社会と連携して北朝鮮の非核化を目指し、弾道ミサイルも廃棄させる運動の中心におり、冷静に検討すべきことだ」と指摘した。

    関連記事

    安倍首相、防衛大綱見直しを指示

    日本、敵基地攻撃能力を前向きに検討

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント