07:18 2018年09月19日
小野寺防衛相、北朝鮮ミサイル発射に「態勢構築に努力」

小野寺防衛相、北朝鮮ミサイル発射に「態勢構築に努力」

© REUTERS / KCNA
日本
短縮 URL
226

小野寺五典防衛相は10日の衆院安全保障委員会で、北朝鮮による米領グアム周辺へのミサイル発射計画について「(日本は)さまざまな事態に備え、日頃からしっかりした態勢を整えている」と述べた。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

新型中距離弾道ミサイル「火星12」が島根、広島、高知の3県上空を通過すると予告したことには「どこに重層的に対処すべきか、不断の努力で対応する。日本全国が安心できるような態勢を構築したい」と強調。同時に「国連安全保障理事会決議では、ロシアや中国も参加して経済制裁の強化が決まった」と指摘。「北朝鮮がしっかりと受け止め、核・ミサイル、拉致問題を解決できるよう努力したい」と主張。

朝鮮の戦略軍司令官は9日、グアム周辺に攻撃を行う計画について、中・長距離ミサイル「火星12」4発を同時にグアム沖30~40キロの海上に撃ち込む案を検討していると表明した。

タグ
ミサイル, 日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント