20:18 2018年07月19日
日米首脳 北朝鮮への対処方針で電話会談 トランプ氏、日韓への脅威にも対応用意

日米首脳 北朝鮮への対処方針で電話会談 トランプ氏、日韓への脅威にも対応用意

© Sputnik /
日本
短縮 URL
125

安倍晋三首相は15日午前、トランプ米大統領と電話会談し、米領グアム周辺に弾道ミサイル発射を予告した北朝鮮への対応に関し、日米や日米韓で緊密に連携し、発射を強行させないことが最も重要だとの認識で一致した。共同通信が報じた。

スプートニク日本

日米首脳による電話会談は、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射後に対処方針を協議した7月31日以来2週間ぶりに行われたもの。

会談では北朝鮮に影響力のある中国やロシアとの協力を進める方針も確認され、国際社会が一致して圧力を強めるべきだとして、国連安全保障理事会が採択した新制裁決議の厳格履行が申し合わされた。

トランプ氏は、北朝鮮がミサイル発射で島根、広島、高知の上空通過を予告したことに関し、強い懸念を表明。両首脳は、米軍と自衛隊による防衛体制と能力の向上のために具体的な行動を進める方針で一致した。北朝鮮対応に関し、対話のための対話では意味がないとの認識も共有した。

トランプ氏は、12日の米中首脳電話会談の際に、習近平国家主席に北朝鮮への圧力強化を働き掛けたと説明し、首相は「努力を高く評価する」と応じた。トランプ氏による事態への関与を評価する考えも伝えた。

米ホワイトハウスは、トランプ氏が電話会談で「北朝鮮による日本や韓国へのいかなる脅威や行動にも対応する用意ができている」と再確認したことを明らかにしている。

会談後、安倍首相は記者団に、北朝鮮による発射予告について「地域の緊張をかつてなく高めている」と強く非難。「あらゆる事態に備え、強固な日米同盟の下、高度な警戒監視態勢とミサイル防衛体制を取り、国民の安全を守るために最善を尽くす」と強調した。

タグ
ドナルド・トランプ, 安倍晋三, 日本, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント