09:21 2017年10月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 8°C
    安倍首相

    安倍内閣支持率、4カ月ぶりに上昇

    © Sputnik/ Michael Klimentyev
    日本
    短縮 URL
    12656819

    産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が19、20両日に実施した合同世論調査の結果、安倍晋三内閣の支持率が4カ月ぶりに上昇したことがわかった。産経新聞が報じた。

    スプートニク日本

    世論調査では、安倍内閣の支持率は43・8%、不支持率は49・0%で、7月22、23両日に実施された第2次安倍政権発足以来、最低を記録した前回の調査と比べて、支持は9・1ポイント上昇、不支持は7・1ポイント下落した。

    産経新聞によると、安倍内閣支持率の上昇は4カ月ぶり。同紙は「安倍首相が3日に断行した内閣改造に一定の効果がみられ、支持率の下落に歯止めがかかったもようだ」と指摘している。なお、2カ月連続で不支持が支持を上回ったことについては、「支持率下落の要因とされた学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる対応や、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題などがなお影響しているとみられる」と報じている。

    また世論調査では、第3次安倍第3次改造内閣ついて「評価する」は42・9%、「評価しない」は47・4%で、安倍首相が自身と距離を置く勢力からも入閣させたことに対しては62・8%が「評価する」と回答したという。

    政党の支持率は、トップが自民党(33・0%)、続いて民進党(6・9%)、共産党(3・9%)、公明党(3・1%)となり、日本維新の会は2・9%だった。

    また回答者の78・2%が、米国と北朝鮮との軍事衝突の可能性を懸念していると答え、北朝鮮の核・ミサイル開発が外交交渉で解決すると期待できるかどうかについては、「思わない」が58・4%、「思う」が36・6%だった。産経新聞が報じた。

    タグ
    安倍晋三, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント