17:24 2018年06月21日
柏崎刈羽原発

東電原発、再稼働につながる審査を初合格へ 柏崎刈羽原発

© AFP 2018 / Roland De Courson
日本
短縮 URL
235

東京電力の柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)が、再稼働の前提となる審査に合格する見通しとなった。福島第一原発事故を起こした東電の原発としては初。共同通信が関係者の話として伝えた。

スプートニク日本

原子力規制委員会は、東電の経営トップが汚染水処理に関する具体案は皆無ながら、原発事故の廃炉を完遂する意欲を見せたことを受けて、事実上の合格証である審査書案を取りまとめる方針を固めた。

関係者によると、規制委内部でもこの審査には慎重案が多く出たが、田中俊一委員長が18日の退任までに結論を付けたい強い意向を示したこともあり、合格に踏み切った。

ただ、新潟県の米山隆一知事は再稼働に慎重な姿勢を見せており、地元の同意を取り付けるのに3,4年はかかるとの見方をはっきりと示している。

関連記事

福島第1原発 安全な核燃料取り出し作業へ向け、屋根カバー設置が開始

タグ
原子力, 原発, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント