18:40 2018年06月25日
放射性

北朝鮮の核実験 日本の放射線量、異常なし

© Fotolia / Dmitrimaruta
日本
短縮 URL
214

環境庁が日本海側の離島など国内10ヶ所に設置している放射線量の測定所では、放射線量に異常な値は見られない。NHKが報じた。

スプートニク日本

環境庁は通常1時間毎に観測を実施しているが、北朝鮮の核実験を受けて、2分毎に観測する「緊急時モード」に切り替えた。

さらに原子力規制庁は、全国300ヶ所あまりで設置した観測所では放射線量の異常は確認されていないと発表した。

規制庁によると、「地下での核実験の場合、大気中に放射性物質が放出される可能性は低いと言われている。過去5回の北朝鮮の地下核実験でも、日本で異常な値は検出されていない」ということだ。

先の報道によると、日本の安倍首相は3日、北朝鮮の核実験について「断じて容認できない」と述べ、「関連する国連安保理決議の重ねての明白な違反であり、国際的な軍縮・不拡散体制に対する重大な挑戦である」と指摘した。

タグ
ミサイル, 日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント