22:33 2018年07月17日
日本の小野寺防衛大臣

北朝鮮 核実験規模は広島の10倍 水爆実験の可能性も 小野寺防衛相

© AFP 2018 / Jim Watson
日本
短縮 URL
235

小野寺防衛相は6日午前、朝鮮民主主義人民共和国の核実験の規模を分析した包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)の報告を発表。爆発規模の推定を5日に示した約120キロトン(TNT火薬換算)から約160キロトンに修正した。共同通信が報じた。

スプートニク日本

小野寺防衛相は、爆発の規模は広島に投下された原子爆弾の10倍であったことから水爆実験であった可能性も否めないとしている。米国が広島に投下した原爆は16キロトン、長崎は21キロトン。小野寺防衛相は予想を上回る規模の核実験であったことから「弾道ミサイルだけではなく、核技術も確実に進展している」と危機感を募らせた。

小野寺防衛相はこれに先立ちマティス米国防長官と電話会談を実施しており、そのなかで地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の自衛隊導入について、積極的に協力する意向を表明している。

関連ニュース

米国防長官、北朝鮮ミサイルで日本の防衛能力向上支援
北朝鮮から日本を守るはずの米最新鋭レーダー 対日輸出先延ばしで日本は大困惑

タグ
日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント