02:24 2018年09月21日
大雨

九州北部豪雨被災地で激しい雨の恐れ

© AFP 2018 / Jiji Press
日本
短縮 URL
0 10

7月に集中豪雨が発生した九州北部豪雨の被災地で、11日夜から12日朝にかけて激しい雨が降ったり、突風が起こる恐れがある。日本のマスコミが報じた。

スプートニク日本

11日から12に日本列島を低気圧や前線が通過するため、九州北部豪雨の被災地である朝倉市や日田市などでは1時間に50mmレベルの激しい雨や雷雨、突風の恐れがあるという。

被災地では少量の雨でも路面に水が溜まって濁流となる可能性があるため、注意が呼びかけられている。

先の報道によると、日本の九州北部の集中豪雨による死者の数が福岡県で22人、大分県で3人の合わせて25人に達した。

タグ
災害, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント