18:17 2018年06月24日
東京

認知症を抱える人たちが働く日本のレストラン【写真】

© Fotolia / Phattana
日本
短縮 URL
0 61

東京・六本木に9月16日から19日までの期間限定で、レストラン「注文をまちがえる料理店」がオープンした。同レストランでは、認知症を抱える人たちがウェイターを務めている。

スプートニク日本

レストランの名前は、1924年に出版された宮沢賢治の童話集「注文の多い料理店」からヒントを得てつけられた。

フードブロガーの工藤瑞穂さんが、「注文をまちがえる料理店」のプレオープンを訪れ、その時の様子をツイッターに投稿した。

​レストランではその名の通り、ハンバーグを注文したものの餃子が運ばれ、注文とは違うものが出てきたという。だが、とても美味しかったそうだ。

​またウェイターたちは皆、笑顔で愛想がよく、大きな喜びを感じているように見えたという。

関連のニュース

ほうれん草はアルツハイマー病のリスクを高める可能性がある!?

免疫療法と超音波はアルツハイマー対策に効果

医師:遺伝子治療の新メソッドが、アルツハイマー病との戦いに役立つ

タグ
医学, 食事, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント