06:55 2020年05月26日
日本
短縮 URL
0 13
でフォローする

来月1日、東京・新宿に「草間彌生美術館美術館」がオープンする。日本を代表する現代アーティスト、草間彌生さん(88)は、水玉のモチーフなどを特徴とする作品で世界的に高い評価を受けている。

スプートニク日本

報道によると、館内は白い水玉模様であしらわれている。草間さんの作品のみを集めた美術館のオープンは初めて。地上5階、地下1階の美術館には、開館に合わせて45点が展示されているという。

草間さんは26日に行われた内覧会で「念願だった美術館でみなさまに作品を見ていただけることは、生涯における最大の感激です。この美術館に込めた思想を感じ取っていただければ、これに勝る喜びはありません」と語った。NHKが報じた。

なお美術館は完全予約制。1日4回の入れ替え制で、すでに11月まで完売しているという。

先ほど、モスクワの現代芸術美術館「ガレージ」で「ボーン・ミュージック」(骨の中の音楽)という展覧会が開催した。冷戦時代、禁止された音楽は、レントゲン写真の中に広まっていたことを巡る展覧会である。

関連ニュース

博物館の入館者がセルフィーをしようとして草間彌生さんの約80万ドルの彫刻を壊す

タグ
芸術, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント