01:09 2018年12月15日
クナシル島

日本の漁船、クナシル島へ ロシアによる詳しい検査のため

© Sputnik / Sergey Krasnouhov
日本
短縮 URL
134

日本のサンマ棒受け網漁船「第63福寿丸」が、ロシア国境警備局による追加の検査のためロシアのクナシル島(国後島)に送られた。日本の農林水産省の水産庁国際課の広報担当が7日、スプートニクに伝えた。

スプートニク日本

広報担当は、船が帰りにチェックポイントで臨検を受けたが、これは通常の慣行で、臨検はロシアの国境警備局が参加しているものだと指摘した。

広報担当はしかし、実際の漁獲量が書面上の数字を超えている疑いがあったと述べた。

陸上での詳しい検査のため、漁船はクナシル島に送られた。

広報担当はさらに、検査が始まったとの情報は入っていないが、今日中には始まるだろうと指摘した。

先の報道によると、日本水産庁は、北西太平洋沖合での調査捕鯨を終了し合計177頭を捕獲したと発表した。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント