11:41 2018年07月18日
日本海

巡航ミサイルを搭載した米国の攻撃型原子力潜水艦が日本海に入る

© Sputnik / В. Белоколодов
日本
短縮 URL
1614

12日、朝鮮半島の緊張の高まりを背景に、「トマホーク」巡航ミサイルを搭載した米海軍の攻撃型原子力潜水艦「ツーソン」(SSN-770)が、日本海に入った。AIS(船舶自動識別装置)のデータで明らかになった。

スプートニク日本

「ツーソン」には、トマホーク巡航ミサイルの発射装置12基が搭載されている。

韓国のマスコミによると、「ツーソン」は来週北朝鮮の沿岸部近くで始まる米韓合同軍事演習に参加する。

また同じく合同演習に参加するためトマホーク巡航ミサイル154発を搭載した米国の攻撃型原子力潜水艦「ミシガン」も朝鮮半島に向かっている。

聯合ニュースは韓国の軍事筋の情報として、「ミシガン」が今週末にも韓国沿岸部に近づき、釜山港に入港すると伝えた。

さらに原子力空母「ロナルド・レーガン」を中心とした米海軍の空母打撃群も朝鮮半島に向かっている。日本の自衛隊によると、現在、空母打撃群は沖縄周辺にいる。

米空母打撃群も、北朝鮮の沿岸部に近い日本海で行われる韓国海軍との合同演習に参加する。

関連ニュース

米韓軍、朝鮮半島で合同訓練実施 B1B爆撃機2機を展開

北朝鮮 韓国に米韓同盟からの脱退要求

韓国 3000トン級潜水艦へ搭載の戦闘システムを開発

タグ
軍事, 軍事演習, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント