10:23 2017年11月19日
東京+ 10°C
モスクワ+ 2°C
    横田めぐみさん拉致から40年 母親が悲痛の訴え

    横田めぐみさん拉致から40年 母親が悲痛の訴え

    © Sputnik/ Iliya Pitalev
    日本
    短縮 URL
    326227

    今年11月15日は、横田めぐみさん(当時13)が朝鮮民主主義人民共和国に拉致されてから40年となる。娘の救出活動を続けてきた両親が川崎市の自宅で記者会見し、母早紀江さん(81)は「すぐ近くの国にいるのに、どうしてこんなに長い年月、助けてあげられないんだろう」と悲痛な思いを打ち明けた。父滋さん(85)は体調が悪く、会見終了間際に発言を試みたものの、声が小さく早紀江さんにもうまく聞き取れなかった。共同通信が伝えた。

    スプートニク日本

    めぐみさんは1977年、部活動を終えて下校中に行方がわからなくなった。その後約20年を経た97年、北朝鮮による拉致疑惑が浮上。滋さんが代表となって拉致被害者家族会を結成し、早紀江さんと2人で全国での講演や署名集めで先頭に立って活動してきた。

    2002年、当時の小泉純一郎首相が訪朝し、金正日国防委員長が初めて日本人の拉致を認めて謝罪した。蓮池薫さんや曽我ひとみさんら5人の拉致被害者が帰国したが、めぐみさんら8人は一方的に「死亡」と伝えられた。また04年に北朝鮮側が「本人(めぐみさん)のもの」として出してきた遺骨は鑑定の結果、別人のものとわかった。

    めぐみさんはいま53歳になる。早紀江さんは、「私たちももう長くないと思っている。元気なうちに、意識があるうちに『めぐみちゃん』と言ってあげたい。1時間でもいいから会いたい」と訴えた。

    タグ
    北朝鮮, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント