01:15 2018年01月23日
東京+ 1°C
モスクワ-10°C
    安倍首相

    制裁は北朝鮮の政策を変えようとの「国際社会の意思を示すもの」=安倍首相

    © AFP 2018/ Saul Loeb
    日本
    短縮 URL
    1410

    国連安全保障理事会で新たな対北朝鮮制裁決議が採択されたことを受け、安倍首相は、制裁強化が北朝鮮の政策を変えさせなければならないとの国際社会の意思を示すものだと評価した。日本の首相官邸サイトに安倍首相のコメントが掲載された。

    スプートニク日本

    安倍首相は、北朝鮮に対する制裁措置が「前例のないレベルにまで一層」高まったことを評価した。さらに決議採択により「北朝鮮の政策を変えさせなければならないとの国際社会の意思が改めて明確に示された」と指摘した。

    その上で、「北朝鮮が国際社会の平和的解決への強い思いを踏みにじり、挑発行動を継続していることは断じて容認できない」と非難した。

    安倍首相は、北朝鮮が「朝鮮半島の非核化に向けた真剣な意思と具体的行動を直ちに示すことを強く求める」とコメントした。

    関連記事

    中国、対北朝鮮決議の全面的な履行要求

    全て計画通り いかに北朝鮮経済は制裁下でも年4%の伸びを達成するのか【オピニオン】

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, 核問題, 制裁, 安倍晋三, 日本, 北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント