01:17 2018年07月17日
河野外相

河野外相、パレスチナに45億円の支援発表

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
日本
短縮 URL
11211

中東訪問中の河野太郎外相は26日、パレスチナ自治区の「エリコ農産加工団地」(JAIP)を訪れ、新たに4000万ドル(約45億円)を支援すると明らかにした。産経新聞が報じた。

スプートニク日本

河野氏は「経済面、政治面で日本らしいやり方で」和平の実現に貢献する用意を示した。

支援では、起業支援のため情報通信分野の人材育成センターを発足するほか、中等や欧州地域への流通促進を図るため道路整備などを進める。

同団地はパレスチナの持続的な経済成長を促すため日本、パレスチナ、イスラエル、ヨルダンが進める「平和と繁栄の回廊」構想の基幹事業である。

中東和平問題に対して日本は2国共存解決に賛成し、エルサレムの地位が当事者間の交渉によって解決されることに賛成している。河野氏は先に、日本は米国に続いて大使館をテルアビブからエルサレムに移転するつもりがないと明らかにした。

エルサレムの地位はパレスチナ・イスラエル紛争における鍵となる問題の1つ。イスラエル側は1967年の第三次中東戦争で東エルサレムを支配。「統一全エルサレム」はイスラエルの首都だと主張している。しかしパレスチナ側は東エルサレムを自国の首都にしたい。

関連ニュース

米大統領が脅し エルサレム首都認定反対ならば援助打ち切り どうなる日本

河野氏、エルサレムは対話解決を イスラエル首相と会談

タグ
経済, 日本, パレスチナ, 中東
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント