05:54 2018年09月24日
AV

AVの新ルール適用へ 5年で作品削除可能に

© Depositphotos / Ssuaphoto
日本
短縮 URL
0 71

アダルトビデオ(AV)出演・販売に関する新ルールの適用が来年1月から順次始まる。出演者は契約書を交わす前にAVについて詳しい説明を受け、販売から5年で作品の販売・編集を止めることができるようになる。本格運用は4月から。毎日新聞が報じた。

スプートニク日本

新ルールを提案したのは第三者機関「AV人権倫理機構」(元「AV業界改革推進有識者委員会」)。同機関は17月4日、出演被害を防ぐため設立された。

新ルールは、契約書にAV出演が明記されるほか、AV出演についての具体的な説明やリスク説明が義務付けられる。さらに、着実な運用のために説明過程を録画し保存するという。

これに加えて、肖像権及びパブリシティー権の利用は撮影日から5年6ヶ月、もしくは販売日から5年になる。女優の意思表示により、作品は販売・編集ができなくなる。

関連ニュース

大手ポルノサイト、AIの活用法を考案

ニューラルネットワークに有名人が「出演する」偽ポルノ製作を教え込む

タグ
文化, 映画, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント