01:23 2019年05月21日
米国、日本に新型迎撃ミサイル売却へ 150億円

米国、日本に新型迎撃ミサイル売却へ 150億円

© Flickr/ Gonzalo Alonso
日本
短縮 URL
0 310

米国務省は9日、日米両国が共同開発している新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」4発を日本に売却する方針を議会に通知した。産経ニュースが伝えた。

スプートニク日本

売却総額は約1億3300万ドル(約150億2690万円)。

国務省当局者は、売却方針が議会に承認されれば「海上自衛隊が日本や西太平洋を弾道ミサイルの脅威から守る能力が向上する」と説明した。さらに、「朝鮮民主主義人民共和国の挑発行為に脅かされている同盟諸国に追加的防衛能力を提供すると表明したトランプ大統領の約束を実現するものとなる」と語った。

関連ニュース

日本政府、過去最大の防衛予算案を閣議決定

日本政府 陸上型「イージス・アショア」2基導入を決定 北ミサイル防衛を強化

タグ
ミサイル, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント