10:51 2018年02月20日
東京+ 7°C
モスクワ-7°C
    女性

    「涙活」に参加する日本人女性たち【動画】

    © Sputnik/ Vladimir Pesnya
    日本
    短縮 URL
    0 06

    感情を抑えることが美徳とされる日本社会で、「ハンサム」な男性に涙を拭ってもらうサービスが人気を集めていると、ナショナルジオグラフィック協会のウェブサイトが伝えている。

    スプートニク日本

    このサービスは、日本の実業家である寺井広樹氏が発案した「涙活」に基づいた「イケメソ宅泣便」。「涙活 Official website」によると、「涙活」とは「能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動」のこと。

    日経ウーマンオンライン」は、意識的に泣くことが医学的にみても理にかなったストレス解消法だとして、「涙を流すことによって、緊張やストレスに関係する交感神経から、脳がリラックスした状態の副交感神経へとスイッチが切り替わる」との専門家の話を伝えている。

    中でも「イケメソ宅泣便」は、「イケメソ男子がオフィスに出張して涙を拭う『法人限定』サービス」(「涙活 Official website」より)。同サービスのウェブサイトは、「イケメソ男子(イケメンでメソメソ泣く男性)がオフィスに出張涙活。泣ける動画などを一緒に見て泣いてスッキリしていただきます」としている。

    関連ニュース

    あるロシア人心理学者の意見 伝統としての家庭内暴力

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント