23:17 2018年02月19日
東京+ 8°C
モスクワ-3°C
    Tokyo Game Show 2017

    自民党、五輪に向けeスポーツ環境整備へ

    © AFP 2018/ Kazuhiro Nogi
    日本
    短縮 URL
    1511

    2024年までにゲームの腕を競う「eスポーツ」が五輪のメダル種目になる可能性を念頭に、自民党はeスポーツの大会開催に向けて環境を整備する方針だ。

    スプートニク日本

    景品表示法による規制により日本では高額賞金の大会が開けず、eスポーツが数十億ドル規模の産業になった今も国内市場の発展を妨げている。過去数ヶ月で、eスポーツの4団体が日本の消費者庁と交渉を行い、プロのeスポーツ競技者へのルール適用を免除する回避策に至った。

    ブルームバーグによると、自民党の河村建夫衆院議員はゲームプレイングによって生活できる権利を保障するよう法を改正することでさらに環境整備を進めていくことも検討していると述べた。目標には、障害を取り除き、五輪での優勝が挙げられた。

    川村氏は、鈴木大地氏のような金メダリストが現れれば、人々もゲームはスポーツだと考えるようになると述べた。

    新たなルールのもとで行われる最初のゲーム大会は2月9日から11日にかけて幕張メッセで開かれる。コナミホールディングスやミクシィ、その他地元企業3社がゲームを提供する。賞金はまだ発表されていない。

    eスポーツは東京五輪の種目には入っていないが、川村氏は、五輪に合わせて東京で大規模な大会を開くことで五輪委員会と東京都が承認したと述べた。

    関連ニュース

    サイバースポーツ、五輪種目になるか? IOC会長の見解

    コンピューターゲーム依存症は精神障害  WHOが公式認定を検討へ

    タグ
    スポーツ, ゲーム, 五輪, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント