14:40 2018年11月17日
刑務所

日本、高齢受刑者に認知症の検査を義務付けへ

CC0 / Pixabay
日本
短縮 URL
0 21

日本の法務省は、新年度から新たに入所する60歳以上の受刑者に認知症の検査を義務付ける。NHKが報じた。

スプートニク日本

検査は全国8か所の刑務所で、入所者の高齢化対策の一環として行われる。刑務所は、東京や大阪など受刑者の多いか所で実施される。

犯罪白書によると、2016年に確認された65歳以上の受刑者は2500人ほどで、入居者全体に占める割合が12%ほど増加。さらに、法務省が2015年に無作為調査を行ったところ、60歳以上の入居者の14%ほどに認知症の傾向が見られた。

検査の結果、認知症の疑いがある受刑者は速やかに医師への受診を義務付け、症状に応じた指導など適切な対応がとられるという。

また、法務省によると、こうしたプログラムは所後の孤独感や経済的不安を和らげ、再犯を減らすことなどを目的すると言う。

関連ニュース

認知症を抱える人たちが働く日本のレストラン【写真】

歳をとってから脳の健康を維持するための7項目

タグ
健康, 病気, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント