15:57 2018年08月20日
アジア人、ビジネス(アーカイブ)

日本の外国人労働者、過去最多に 127万人

© Fotolia / Leungchopan
日本
短縮 URL
1610

日本で働く外国人労働者の数が去年、127万人強となった。これは統計を取り始めた2008年以降最多の人数だ。NHKが厚生労働省のまとめを基に報じた。

スプートニク日本

同省によると、去年10月末の時点で外国人労働者は127万人8670人。前年比で19万人4000人(18%)増加した。

国別では中国人が最多で37万人強。ベトナム人(24万人)、フィリピン人(14万6000人)が続いた。特に、ベトナム人は前年比でおよそ40%増加した。

在留資格別では日系人や日本人の配偶者などが46万人弱、留学生が26万人弱、技能実習生が25万7000人となった。留学生はおよそ24%の増加となった。

関連ニュース

2017年の訪日外国人旅行消費額 過去最高の4兆4000億円

日本の自殺者8年連続減

タグ
調査, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント