07:18 2018年07月17日
泣いている女性(イメージ)

不妊手術強制 宮城の女性が国を初訴訟

© Depositphotos / Leungchopan
日本
短縮 URL
182

宮城県に住む女性が30日、旧優生保護法(1948~96年)に基づき知的障害を理由に不妊手術を強制されたのは重大な人権違反であり、救済措置も行われていないとして、国に損害賠償を求める訴えを起こした。

スプートニク日本

訴えを起こしたのは60代の女性。日本のマスコミによると、女性は15歳の時に病院で「遺伝性精神薄弱」と診断され、それを理由に旧優生保護法に基づいて避妊手術を受けさせられた。女性は、同法は憲法が保障する自己決定権や個人の尊厳などを侵害しているとして国に1100万円の損害賠償を求めている。不妊手術の強制をめぐる国への提訴は全国初。

旧優生保護法に基づく障害者への不妊手術は全国で約2万5000件確認されており、うち約1万6500人が強制だったという。

タグ
人権問題, 事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント