20:43 2018年09月26日
ウラジオストク

日本、ウラジオストクに「スマート信号機」システム提案へ

© Sputnik / Vitaliy Ankov
日本
短縮 URL
0 82

日本は領土問題交渉進展に向け、ロシア極東ウラジオストクのインフラ整備での協力をロシア側に提案する方針。ロシアのマスコミが報じた。

スプートニク日本

日本は南クリル諸島4島の領有権を主張しているが、近年は前例のない経済協力の拡大に踏み切り、これが領土問題やロシアとの平和条約締結問題の解決に役立つことに期待している。

報道によると、日本政府は5月に予定されている安倍首相のロシア訪問を前に、ウラジオストクに関する提案を準備した。

これは交通量に応じて信号を調節する「スマート信号機」の設置に関するもの。また日本は掘削せずに下水道管を修理する技術や、廃棄物の再利用技術を導入したり、観光施設及びウラジオストクの鉄道駅周辺のインフラ近代化を促進するという。

報道によると、日本の国際協力銀行(JBIC)などがプロジェクトに融資する。日本政府は、ウラジオストク開発が同地での日本のビジネスマンの活動に活気を与えることに期待している。

関連記事

日本の信号システム、渋滞を40%減らしモスクワで実力を証明:地方都市に広がるニーズ【オピニオン】

タグ
露日経済協力, 露日関係, 領土問題, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント