03:34 2018年08月16日
スマホ

スマホで通報、障害者用119番

CC0 / Pixabay
日本
短縮 URL
0 10

政府は、聴覚や言語機能に障害がある人がスマートフォンの画面から、音声を使わず119番通報できるシステムの普及へ支援を加速する方針を固めた。2018年度から地方自治体を財政面で後押しし、20年度までに全国の消防本部で導入を目指す。関係者が12日明らかにした。東京五輪・パラリンピックを控え、障害者に配慮した「共生社会」への取り組みをアピールする狙い。

スプートニク日本

導入するのは「Net119緊急通報システム」で、利用するには、住所や氏名などの事前登録が必要。

最初に画面上で「救急」「火事」といった通報に関する項目を選択。通報後、チャットで状況などを補足して伝える仕組み。

​(c)KYODONEWS

関連ニュース

2020年までに日本の高齢者の80%がロボットの介護を受ける マスコミ

日本、2020年オリンピックに向けてサイバーセキュリティのスペシャリスト1000人を揃える

タグ
テクノ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント