21:17 2018年02月19日
東京+ 7°C
モスクワ-3°C
    パトリオット(PAC3)

    日米、ミサイル対処シュミレーション訓練を実施へ

    © REUTERS/ Kyodo
    日本
    短縮 URL
    425

    自衛隊と在日米軍が今月16日および20日〜23日まで、弾道ミサイル対処の統合運用能力および日米共同対処能力の向上を目指す訓練を行う。15日、統合幕僚監部がサイト上で発表した。

    スプートニク日本

    日米はコンピュータによる弾道ミサイル対処シュミレーション訓練を行う。様々な部隊やイージス艦、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊の運用がシュミレーションされる。
    訓練は東京から近い米海軍横須賀基地や那覇基地など複数の基地で行われる。参加する兵士の数は明らかではない。

    日本は現在、2段階のミサイル防衛システムを有している。イージス艦が搭載するSM3は中間段階の大気圏外で弾道ミサイルを迎撃。もし迎撃に失敗した場合、第2段階として、落下の終末段階で迎撃するパトリオットが起動する。

    日本政府は昨年12月19日、米国の地上配備型ミサイル防衛システム「イージス・アショア」2基を国内に配備するとの決定を承認した。秋田県と山口県に展開することが予定され、その防護範囲は日本全土をカバーできるとされている。日本が支払う導入費は発射設備1基当たり1千億円。日本政府は、イージス・アショアの2023年までの運用開始を予定している。

    関連記事

    玉城議員「日米同盟、対等な立場に」日本が自らの政府のあり方を再考する日は来るのか?

    日本が米国の衛星国であることは、ロシアにとっても日本にとっても利益はない

    タグ
    ミサイル, 軍事演習, 軍事, 米国, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント