15:31 2018年07月18日
玉木氏

玉木氏、安保法訴訟対応を非難 「政府、完全な二枚舌」

CC BY-SA 4.0 / Ogiyoshisan / Yuichiro Tamaki
日本
短縮 URL
134

希望の党の玉木雄一郎代表は20日の記者会見で、集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法が違憲だとする訴訟に絡み、政府内の見解に矛盾があるとの認識を示した。「完全な二枚舌だ。信じられない対応だ」と非難した。

スプートニク日本

訴訟は、茨城県の男性陸上自衛官が安保法の「存立危機事態」での防衛出動に従う義務がないことの確認を求めたもの。上川陽子法相は「存立危機事態が発生し得ることの具体的な危険性を肯定できないことを主張した」と、訴訟での国の立場を説明している。

ただ政府は北朝鮮情勢など安保環境の急激な変化を踏まえ、安保法の必要性に言及してきた経緯がある。

(c)KYODONEWS

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント