00:43 2020年11月27日
日本
短縮 URL
0 81
でフォローする

サハ共和国(ヤクーチア)当局は、世界で一番寒い場所、オイミャコン村に自転車で向かおうとしていた4人の日本人学生を救うため、あらゆる手段を講じている。マイナス40度の中、路上に宿泊してメンバーの一人が凍傷になったため、彼らが旅を続けることはできなくなった。スプートニクは、サハ共和国の対外連絡部長、ウラジーミル・ワシリエフ氏に現地の様子を聞いた。

スプートニク日本

学生たちは京都からやって来て、年齢は21歳から22歳。やはりサハ共和国にあるニージニー・べスチャ村からオイミャコンに向かっていた。一日目、持参したテントに宿泊した学生らはすっかり凍えてしまい、メンバーのうち一人の両足が凍傷になってしまった。通りがかりの運転手が道路わきにあるテントを偶然発見し、すっかり凍え切った外国人を見つけて、病院に連れて行ったのだった。

ワシリエフ氏「足が凍傷になってしまった日本人は、病院からヤクーツクの火傷治療センターに送られました。そこで、軽いレベルの凍傷だと判断されました。入院はしなくてよいことになりましたが、包帯を縛りなおすために、毎日センターに通わないといけません。我々の部署は、彼のために交通手段を調達し、他のメンバーも含めた全員に住むところと通訳を見つけました。そして、在ハバロフスクの日本領事館に連絡しました」

ワシリエフ氏によれば、一人の学生の帰りの飛行機のチケットは3月12日で、残りの三人は3月20日だという。帰りの日まで、彼らのために、文化プログラムが催される。サハ共和国の住民たちはこの出来事に無関心ではいられず、日本人学生のために助けを申し出ている。このおかげで自転車の保管場所も見つけることができた。

ワシリエフ氏「学生さんたちはオイミャコンに行くことはあきらめました。何しろ夏から、旅行に向けて計画していたということですから、もちろんがっかりして、気を落としています。でも身体的には元気です。まあ、とにかく、ロシアで冒険することはできたわけです」

スプートニクは、ちょうど一年前、宮代健太さん、内記朋治さん、そして人生のほとんどを日本で過ごしているロシア人、クリメンティ・クドウリヤショフさんの仲良し三人組がオイミャコンを2月に訪れた話をお伝えした。幸運なことに3人は楽しい時間を過ごし、内記さんに至っては、屋外でふんどし一丁で写真を撮った。

オイミャコンは人が住んでいる場所のうち、地球上で最も寒い場所だとされている。ここでは気温がマイナス60度になることもザラだ。しかし、やはりサハ共和国にあるヴェルホヤンスク村もまた、地球上で最も寒い場所だと主張しており、気温はマイナス60度よりも下がる。

関連ニュース

マイナス65度の中で入浴、まつ毛が凍る:サハ共和国で前例のない寒波

サハ共和国 極地での風力発電に日本のNEDOが1千万ドルを拠出

タグ
観光, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント