21:07 2020年11月25日
日本
短縮 URL
1416
でフォローする

安倍晋三首相は23日午後、南米チリのバチェレ大統領と官邸で会談した。米国を除く11カ国による環太平洋連携協定(TPP)の署名式が3月にチリの首都サンティアゴで予定されており、早期発効に向けた連携で一致した。北朝鮮の核武装を阻止するため、圧力を最大化する必要性も確認した。

スプートニク日本

会談終了後の共同記者発表で、首相は「TPP署名式を主催する大統領のリーダーシップに敬意を表する」と強調。バチェレ氏もTPPについて「保護主義を克服する原動力だ」と応じた。日本は来年前半の発効を目指している。

チリは銅など地下資源の埋蔵国として知られる。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

TPP11の条文が公表される 3月に署名へ

タグ
経済, TPP, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント